実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

スズメのように羽ばたこうとしない

■スズメのの羽ばたきは非常に早く、
ネットで調べてみたところ、
1秒あたり15回も羽を動かしているそうです。

人がどれだけ頑張って腕を動かしたとしても、
1秒で二往復か三往復をするのが
精一杯と言えるのではないでしょうか。

つまり、私達がスズメに勝とうと思っても
間違いなく勝つことはできないでしょう。

というよりも、私たちは、スズメのように飛びたいと
思うことはないですよね。
つまり、レベルがあまりにも離れていると、
私たちはそもそも戦おうとすら思わないものなのです。

■その一方で、近い存在であれば、
その存在に近づきたいという思いが出てきたり、
その人を追い越したいという気持ちが出てきたりします。

つまり、私たちは無意識のうちに
自分が目指す目標であったり、
ライバルというものを限定した上で
日々の行動を行っているのです。

■この時、重要なことは意識的に
自分が目指したい姿というものを
明確にした上で具体的な目標を立てる
ということではないかと考えています。

あまりにも近すぎる目標であれば、
やる気が出ないかもしれませんし、
その一方で、あまりにも遠い目標であれば、
雀の羽ばたきのように臨場感が
湧いてこないということが言えるでしょう。

そのバランスをうまくとれるような
絶妙な目標を私達は作ることが大切といえるのです。

■もちろん、目標を無理に作るということを
言いたいわけではありません。

私たちは無意識のうちにある自分の範囲の中で
目標を定めてしまいがちということをお伝えしたいのです。

その点を意識して自分がなりたい姿を
明確にイメージすることができれば、
そこに向かって突き進んでいくエネルギーが
湧いてくると言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・私たちは、目指すものが遠すぎても
近すぎてもエネルギーが沸いてこないものである。

・であるならば、
絶妙な目標を意識的に作ることで、
やる気を一気に高めることができる、
と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別