実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

出会ったその日に結婚することはない

■タイトルの通りなのですが、
会ったその日に結婚をする
カップルというのはおそらくいないかと思います。

当たり前と言えば当たり前ですよね。

長く一緒に生きていくのであれば、
相手のことをよく知らなければ
結婚するという決断ができないのは
至極当然のことです。

■違う見方をすれば、
会って数回程度では相手のことを
知ることはできないということができますし、
誰しも初対面の人に心を開くということは
ないとも言えるかもしれません。

つまり、どんな人間関係においても
初めのうちはまだ信頼関係が成り立っておらず、
何は無くともまずは関係の構築が
重要となってくるのです。

■これは恋愛に限った話ではなく、
全ての人間関係において
当てはめることができます。

ここで、ビジネスの場合における
人間関係について考えてみましょう。

最近は会社の問い合わせフォームから
メールを送ってきて、営業を仕掛けてくるような
会社が増えてきました。

こういったメールに対し、
どれだけの会社が返信をしているのかは
分かりませんが、私が色々な方から
お話をお伺いする限りでは、

ほぼ全ての方がそういった会社に対して
返信をしていることはないと言っています。

よくよく考えてみれば、
これは当たり前のことであり、
自社のホームページを通じて、
土足で家に入るかのごとく
いきなり自社の商品の提案を
してきたとしても、

その提案を受ける前提としての
信頼関係ができていないので、
たとえどれだけ素晴らしい提案だとしても、
抵抗感から拒否をしてしまう
ということなのです。

■違う表現をすると、
いきなり出会ってからプロポーズを
されているようなものと言えるかもしれません。

もしかしたら、プロポーズをしてきた人は
非常に素晴らしい人なのかもしれませんが、
その判断をすることはできませんので、
結果としては、どんな提案だったとしても
拒否をするということになってしまうのです。

そして、今の世の中においては、
このようにいきなり商品を
販売するような流れが
強まっているように感じています。

それだけ、それぞれの会社に
余裕がないのかもしれませんし、
色々な営業のスキルが蔓延しているから
ということができるかもしれません。

さらに、営業を仕掛ける側の気持ちで考えていけば、
何回も会って関係を構築するよりも、
すぐに売って売上を立てたいという
気持ちが出てくることもわからなくはありません。

ですが、それは相手へのリスペクトの欠如であり、
どれだけ自分が良い商品を販売しているとしても、
結果として相手のことを知らずに
提案をした瞬間に、それは傲慢となってしまうのです。

■もちろん、人の可処分時間は一定で
決まっていますので、物理的な限界はあります。

そういった意味では信頼関係をいかにして
築いていくのかという点に関する
スキルを身につけることも重要になってくるでしょう。

ですが、そういったスキルを身につけるよりも
先に人とのひとつひとつの信頼関係を
構築していくということに対する強い意識を
持つことが何よりも重要だと思われるのです。

相性が非常に良くてビビっと来たのであれば、
1回や2回のデートで結婚に至るかもしれませんが、
それは稀な事象であると考え、

一つ一つの人間関係をコツコツと積み上げていく、
それこそが王道であるという意識を
持つことが重要といえるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・関係が構築されていない人に、
心を打ち明けることはない。
つまり、相手が何か行動をしてくれる
ということはありえない。

・であるならば、どれだけ良いものを
売っているとしても、
まずは信頼関係を構築することが
何よりも重要と言えるのでは
ないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別