実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

言葉は文脈と結び付いて価値を持つ

■一つ一つの言葉が持つ価値というのは
一人ひとりの状況などによって劇的に変わります。

一般的に恋愛の対象と結婚の対象が
完全に重なることはないと言うのは
よく言われていますが、

これと同じように、何を目的とするのか、
その人が何を望んでいるのかといったことによって
必要な情報や、その価値と言うのは
大きく変わってくると思われるのです。

■だからこそ、世の中には
多くのコンサルタントの人がいますが
適切なアドバイスをすることが
難しいという観点において、

継続的に仕事を取っている方は
あまり多くないと言えるのではないでしょうか。

■何せ、その人が何を思い、何を考え、何を価値と
思っているかは表面上は全く分かりませんので、
言葉を聞きながら理解、解釈をしていくしかなく、
それは非常に難易度が高いことだからです。

ですが、相手の文脈を理解することなく
言葉をこちらから一方的に渡したところで、
それが価値を持つということはあり得ません。

恋愛をしようと思っている人に、
理想的な結婚相手をに対するアドバイスをしても、
なんか違うなぁという回答が得られて
終わりと言えるでしょう。

だからこそ、私たちは相手の文脈を徹底的に
理解していく必要があるのです。

■さらに、文脈を理解するだけでは
適切なアドバイスを行うことができるわけがなく、
相手をどういった方向に導いていくのか、

そして、導いていくためにはどういった言葉を
投げかければ良いのかと言う点まで
頭に入れる必要が出てきます。

そうするためには、今自分が伝えたいことを
話すのではなく、相手の状況を
自分の頭の中に入れた上で
アドバイスを重ねていくことが必要と言えるでしょう。

これも簡単にイメージが湧くかと思いますが、
非常に難易度が高いことではないかと思います。

ですが、ひとたびそういったスキルを身につけ、
相手に対して文脈を理解した上で
適切な言葉を提供することができることが
できるようになれば、

それは相手にとって大きな価値を
提供することができた状態と言えるでしょう。

■そのためには、とにかく場数を重ね、
相手と話しながら目的意識を持って
会話を重ねていくという量稽古を重ねる以外に
方法はないと考えています。

そして、その1歩目というのは、
誰しも踏み出すことに対して恐れを持つもの。

であるならば、逆に1日でも早く
その1歩を踏み出すということが、
他の人との差別化を図っていく上で
極めて重要と言えるでしょう。

少しまとまりがない文章になってしまいましたが、
相手の文脈を意識する、それは常にすべての
コミュニケーションにおいて実行することが
できますので、今まで以上に相手を
理解しようとする意識を高めることが
大切と改めて感じた次第です。

+++
今日のまとめ

・相手とのコミュニケーションにおいては、
何はなくとも文脈を理解することが重要。

・それに加えて、価値を提供できる
能力も必要である。

・その能力が一日で身につくはずはなく、
日々の量稽古を重ねることが
重要と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別