実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

グミのような一貫性を

本来やるべき仕事とは別に
感情を動かされるような出来事は
よく起こるものです。

そして、なぜかそういったトラブルは
1度にまとめてくる傾向があります。

こういった場合に、気持ちが高ぶってしまう結果、
相手と対決をするという姿勢になってしまいがちです。

言い換えると、日の利益を
取りに行くというよりも、自分の感情を
優先する行動をとってしまいがちということです。

この時、自分の感情を完全に消し去ることはできません。

また、自分の感情を無理に押し殺すことによって、
自分の感受性が失われてしまうと言う
デメリットもあるでしょう。

そういった意味においては、心の中に浮かんでくる感情を
無理に押し殺す必要はないのではないかと考えています。

ただ、その感情に囚われすぎてしまい、
必要以上に時間を割いてしまうことは
あまり建設的とは言えません。

こういった時は、自分自身をグミのようなものと
考えると良いかもしれません。

そして、グミのようになった自分に対し、
感情をぶつけ、力をめり込ませるようにしていくのです。

強い力がかかればかかるほど、
グミは深くつぶれていきますが、
基本的には力が加わらなくなれば元の形に戻っていきます。

その特徴を使って、とにかく手数を打ち続け、
グミに対して力を入れ続けるようなイメージを持つのです。

言い換えると、その瞬間であれば感情を
全面的に爆発させても良いということです。

ただし、グミの形が元に戻ったら、
その感情は1度脇に置いとき、淡々と行動を
していくのが正しいと言えるでしょう。

こういったメリハリをつけ、一つ一つの行動に
ルールを加えていくことによって、無駄な時間を費やすことを
避けることができるようになり、時間管理が
うまくできるようになっているのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・感情が動く出来事が
あったら、まずはその感情を
正面から受け止めよう。

・ただ、その感情に必要以上に
時間を取られるのはもったいないので、
どこかのタイミングで切り替えることが
大切。

・切り替えのルールを作ることで、
毎日を効率的に過ごせるように
なるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別