実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

努力しないで勝てるなら勝たない方が良い

■結局のところ、勝つか負けるかは
気にしなくて良いと思うのです。

もちろん、営業をしているのであれば、
成約率は高い方がいいと思いますし、
何かスポーツをするのであれば、
勝った方が楽しいに決まっています。

ただ、勝つということは、自分自身をしっかりと
戒めることとパッケージにしなければ、
どんどん悪い方向に向かって言ってしまうと思うのです。

この時、努力をして勝利をしたのであれば、
それは素晴らしいことと言えるでしょう。

■しかし、そうであったとしても、
周囲の人への感謝の気持ちなどを忘れてしまえば、
たちまち周りの人からは応援してくれる人が
減っていってしまうことでしょう。

そして、一番悪いパターンというのは、
努力をしないで勝ってしまったという場合。

この時、何が起こるのかというと、
努力をしないと言う習慣が身に付いてしまう
可能性が高まってしまうのです。

■物事に勝つということは、
確率の世界でもありますので、
その時の状況などによって結果は変わってきます。

つまり、結果というのは自分ではコントロール
できないものであり、コントロールできない世界に
意識を向けたとしても、本質的に価値はないのです。

むしろ、結果を出すまでの過程、
言い換えると、努力について考えたほうが
数倍価値があると言えるでしょう。

だからこそ、私達は、何はなくとも、
努力をし続けるという意識を自分の中に
埋め込む必要があるのです。

■努力をし続けることによって、
自分自身がマイナスになってしまう
可能性は低いです。

例えば、努力を重ねて勝利に結びつかなかった場合。
このような時は、気持ちが折れてしまうことも
あるかもしれませんが、
少なくとも、驕った気持ちになったり、
他者を見下すような態度になることはありません。

そして、何よりも自分自身が努力を重ねているのであれば、
気持ちが折れるよりも、納得感を持つことができるように
なるのではないでしょうか。

■そして、その納得感があなたを次のステージへと
引き上げてくれるのです。

だからこそ私たちは、努力をすることに意識を
向けることが重要と言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・努力しないで勝ったのであれば、
その勝利は忘れるべき。

・その一方、努力して負けても、
それは学びに繋がる。

・だからこそ、私たちは
勝利ではなく、努力に意識を
向けることが重要と
言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別