実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

日常会話も真剣勝負である

■お客さまと話す時は、普段の何気ない会話で
あったとしても、それは真剣勝負であるべきです。

ここでいうの真剣勝負というのは、
相手に求めるということではなく、
自分自身が気持ちを入れるという
意味における真剣勝負です。

つまり、自分が相手に対してどんな貢献を
できるのかということを強烈に意識しながら
会話に臨むということです。

緊張するような会話の場面であっても、
普段の会話でも、会話という意味においては、
全て等しく時間が消費されていきます。

その時に自分の気持ちを切ってしまうと言うことは
相手にとっても失礼ですし、自分自身も学びに
繋がる可能性を極めて低くしてしまう、
非常にもったいない行為なのです。

■確かに、気持ちの面でどうしても乗らない日
などもあるかもしれませんが、そこは日々の
積み重ねで相手に対して貢献をするという意識を
持ち続けることによって変わってくるのでは
ないでしょうか。

何よりも、そういった態度で人と接することによって、
その人との関係性をどんどんよくすることができ、
それが最終的にはより広い関係性と繋がっていくのです。

その時に中途半端な対応をしてしまっては、
その人との繋がりも消えてしまいますし、
最悪な場合、悪い噂などが
流れてしまうかもしれません。

そのベースにあるものとして重要なことが、
自分自身が基本的には熱を持ち続けるような
状態にするということ。

そのためには、体調の管理をしっかりすることも
重要になってきますし、相手との基本的な姿勢を
自分に叩き込む必要があります。

これは簡単なことではありませんが、
1度、正しい姿勢が身についてば、
それは波及効果として、だんだんと自分自身の
生活を楽にしていってくれるでしょう。

■普段のちょっとした所から相手に対して
最大の貢献をするように心がけ、実行し続ける。
そのマインドを持つことが非常に重要と
いえるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・一日の全ての行動が真剣勝負。

・そのような意識を持って毎日を
過ごすことができれば、
相手との関係性はぐっと良く
なっていくのではないだろうか。

・そのためにも、一つ一つの行動に
熱を入れることを心がけよう。



バックナンバー

カテゴリー別