実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

選択肢を増やした方が仕事は楽しい

■試合をすることは楽しいですが、
この時、選択肢が多ければ多いほど
より楽しいと言うことができます。

例えば、将棋をする場合を考えてみましょう。
(私は将棋は素人ですので、あくまでも
イメージを沸かせるための一つの例として
取り上げていること、
ご了承下さい。。)

将棋で一つの手が動くことに、
次に打てる手は非常にたくさんあります

この時、打てる手の選択肢が手元にあればあるほど、
次に打てる手の幅は広がっていきます。

■その一方で、一つの戦術しか知らなければ、
常にその戦術をやるしかなく、
その戦術が外れてしまった場合は、
その試合に勝つことができません。

さらに、一つの戦術しか使えなければ、
思考のパターンも一定になり、
試合の中で新しい手が思い浮かぶ、
という喜びを感じることもできないでしょう。

だからこそ、私たちは常に選択肢を
増やす努力を続けることが必要だと思うのです。

言い換えると、常に基礎を積み重ねる必要が
あるということです。

■この時、基礎を積み重ねることは辛いと
考える方も多いと思いますが、
ここで発想を変えていきましょう。

選択肢を増やせば増やすほど、
あとで自分が楽しめると
考えてみてはどうでしょうか。

そう考えれば、基礎をどんどん身につけ、
選択肢を増やしていくことに対してプラスの印象を
抱くことができるでしょう。

そして、これは思い込むだけではなく、
実際に試合を楽しくする上で
非常に重要です。

■試合をした際、自分の手元に非常に
たくさんの選択肢があり、
その中で何を選べばいいのか考えたり、
試合の中で全く新しい概念を見つけることが
できた時などは、大きな喜びを感じることが
できるのではないでしょうか。

その時の喜びを体感するために、
すぐに試合を行うのではなく、
まずは手元のカードを増やす、
その努力を重ねることが重要と言えるでしょう。

+++
今日のまとめ

・本番は、自分の手元のカードが
多いほど楽しむことができる。

・手元のカードを増やすには、
基礎をつみかさねるだけ。

・だからこそ、基礎と喜びを
上手に結びつけることが
大切と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別