実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

秘書を使い、密度を上げる

■毎日の効率を上げていくためには、
予定をたくさん入れていくということが
一つのポイントだと考えています。

人は締め切りがあれば集中力を高く
保つことができます。

普段、集中力を高く保つことができるにしても、
さらにそこに締め切りが加わることによって、
集中力をより高めることができる、

という意味においては、締め切りは
常に作っておいた方が良いでしょう。

■その一方で、自ら締め切りをたくさん
設定することは、自分の精神的なストレスを
高めてしまうことに繋がりかねません。

ですので、人は基本的には予定をあまり
入れたくないものということができるでしょう。

このような状況において、
強制的に予定を入れるためには
どうすれば良いのでしょうか?

■その一つの解決策として考えられるのが、
自動的に予定が入ってくるような仕組みを
作ってしまうということです。

イメージとしては、自分に秘書のような方がいて、
その秘書の方がどんどん新しい予定を
入れていくというイメージを作ることが大切と言えるでしょう。

予定が入ってしまえば、その予定をしっかりと
こなすことに意識が向き始めます。
つまり、予定が入ってしまえば
自分の中でのスイッチも切り替わるのです。

そう考えるのであれば、
予定は入れないよりも入れた方が良いに決まっています。

だからこそ、なるべく負荷を下げる形で
予定を入れることができるような形を
作っていくのが大切なのです。

■ただ、この時完全にギシギシになってしまうまで
予定を入れてしまうと精神的な部分で
負担感が大きくなりすぎてしまいます。

ですので、自分にとって最も良い負荷が
かかるようなスケジュールを入れていくことが
重要になるのですが、そのバランスというのは
自分が試行錯誤をする上で見つけていくしかないと言えるでしょう。

そして、その加減を見つけるためには、
外部的なエネルギーをを加えて自分で
予定を入れないという仕組みを作ることが大切なのです。

外部の秘書のような方を雇うようなイメージを持って
スケジュールを入れていくという習慣を身につけると、
日々の密度が非常に高まってくると
言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・締め切り効果を使うことで
集中力を高めることができる。

・ただ、能動的に予定を
入れる人は少ない。

・そんな時は、外部の力を
借りて、強制的に
予定を入れるのはどうだろうか。

・予定が入ってしまえば、
そこに焦点が向かっていく
ものである。



バックナンバー

カテゴリー別