実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

ゴミ箱の蓋を自ら開ける勇気を持つ

■今の自分が過去の選択の
繰り返しであると仮定するならば、
過去を見つめ直すということは
未来の自分を見据える上で非常に大切と言えます。

ただ、過去の自分を見つめるというのは
精神的に非常に辛いこともあるでしょう。

人は、日にちが経つごとに新しい知識が増えていき、
学び、成長していくと考えるのであれば、
過去の自分というのは今よりも未熟な自分と
いうことができますので、目を背けたくなると言う
気持ちも出てくるかと思います

ただ、この時、目を背けたいものに対して
意識が薄れてしまっているという恐れがある
ことに気づくことが大事だと思うのです。

■ゴミ箱の蓋は常に閉めておきたいもの。

蓋を開ければ匂いがするでしょうし、
今までの自分が何を食べてきたのか
もすぐにわかるでしょう。

もしかすると、不摂生をしてしまって
体に良くないものを食べてしまったという
思い出がよみがえるかもしれません。

この時、未来に向けて自分を作りかえていく
という観点においては、どこかのタイミングで
過去自分が何を食べてきたのかということに
正面から向き合う必要があるのではないかと思われるのです。

そのためには、どこかで自分を奮い立たせ、
ゴミ箱の蓋を開けるという行為を
しなければいけないことでしょう。

その行為をするのは、誰のためでもなく、
自分の未来のためです。

■将来を見据え、過去の自分をしっかりと見つめ直す
習慣をつけるということが非常に大切と
言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・今の自分は、過去の選択によって
作られている。

・そうであれば、過去の選択を
振り返ることは重要。

・過去を振り返るのは辛いこともあるが、
それでも正面から向き合うことで、
未来に向けた行動が見えてくるのでは
ないでしょうか。



バックナンバー

カテゴリー別