実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

人間関係は0.99か1.01のスロットマシーンである

■何か賭け事をする時には、
その期待値が0.99日1.01で劇的に変わってきます。

その違いは約2%と非常に小さいですが、
長い目で考えていくと、大きな差に繋がっていくのです。

人間関係における0.99と1.01の違いは、
相手の期待値を超える価値を提供
出来た時が1.01、相手の期待値を超える
ことができなかった時が0.99と
言えるかもしれません。

この時、0.99の50乗は約0.6。
ほぼ相手の期待値と同じ価値を
提供したとしても、
それが長く続けば累積としての
価値は約60%にまで下がってしまうのです。

このとき、一度下がった期待値を
上げるには、期待値以上の価値を
提供し続けなければいけません。

それが中々難しい。

ですが、
「常に1.0を超える価値を
提供する」という言葉を
自分の中にもっていれば、

■普段の生活においても、
「どうすれば価値を高めることができるか」
という観点で物事を考えることが
できるようになるでしょう。

そして、1.01以上の価値を提供する。
という習慣を一度身につける
ことができれば、

それは、長い目で見たときに
必ず儲かるスロットマシーンの
前に座ったようなものと言えます。
あとは、スロットを回し続ければ
自然と売り上げがたっていく。
ということです。

そんなスロットの前に座れるかは、
自分の日々の努力次第。

そんなことを意識しながら、
提供価値の向上に努めることが
重要と言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・0.99か1.01が勝負の分かれ目。

・1.01を提供できる
習慣が身に付けば、あとは勝手に
上向いていく。

・だからこそ、1.01を常に提供できるよう、
自らを躾け続けることが重要と
言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別