実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

相手が1人であればその方を、 対象に複数であれば複数の方を対象に

■私たちは常にその時の状況によって
対応を変えていく必要があります。

緊急の案件が入ってた時は、その仕事に対する
優先度を高めなければいけないと思いますし、
仕事の時と飲み会の時では人と話をする中身についても
全く違うものになっているでしょう。

これは、言ってしまえば極めて当たり前の事と
感じるのではないかと思います。

■その一方で、どこまで細かくその時々の状況に応じた
対応ができているかという点について問われると、
なかなか難しく、答えに窮する場合もあるのではないかと思います。

この時、往々にしてやってしまいがちなのは、
どういった状況においても同じような対応をしてしまうということ。

例えば、あるお店に行った時、店員の方が誰に対しても
完全に同じ対応をしていたら、少し気分を害する
ということもあるかもしれません。

この時、結果を最大限得るという意味においては
可能な限り短い時間軸において、都度その状況に応じた
対応をしていくということが重要になってくると思われます。

イメージとしてはサッカーの試合のような感じでしょうか。
サッカーの試合では、1秒1秒ごとにその時の状況が変わっていき、
その時々の状況に応じた判断と言うものが常に求められます。

■これは、私たちの日常生活においても、
まったく同じことが言えるのではないでしょうか。

もちろん、サッカーのように1秒1秒という時間軸では
ないかもしれませんが、少なくとも都度その時々で
状況というのは変わっていくものです。

そんな変わっていく状況に対して少しでもアンテナを広げ、
感度を高めていくと言うことによって、
自分が世界に対して関わりを持つ深さが変わっていき、
それが周囲に対する影響度を高めていくということに
繋がるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・私たちを取り巻く状況は、
刻一刻と変わっていくと
考えた方が良い。

・この時、その状況に合わせた
対応をしていくことが、
きわめて重要と言えるだろう。

・なぜなら、画一的な対応を
する人に信頼感を抱くことはできないから。

・だからこそ、常に今の状況を
意識する習慣を身につけることが
大切と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別