実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

パターン認識が無意識にできるまでやり続ける

■何をするにしても、無意識にできるようになると
非常に強いです。

私の場合、前の会社で学んだ仕事の進め方が
今でも本当に役に立っています。

何せ、何年間も同じことを叩き込まれ、
実践し続けたのですから、今は完全にそのやり方が
身に染み付いているのです。

今思い返してみると、自分では意識していないことを
強制的に矯正してもらったからこそ、非常に大きな武器に
繋がったのだと考えています。

つまり、そういった学びの場をもらえる機会というのは
非常に重要だということ。

■ただ、そういった学びの場が無かったとしても、
同じことをとにかく繰り返すということによって
段々と気づきを得ることができるようになっていくのが
人間の持つ強みの一つではないかと考えています。

昔、あるテレビ番組で鉄を曲げる職人が登場したのですが、
この職人の方は鉄を見ると、どの方向に熱を入れれば
どの方向に血が曲がるかということを体で覚えていた
ようです。

ここでの理解というのは、まさにパターンを
しっかりと認識していると言えるでしょう。

そして、この方が鉄の曲げ方について理解するまでには、
数十年の年月がかかったとも言われています。

つまり、一つのことをやり続けると、
全く新しい次元での新しい気づきが得られるのです。

そういった一つ一つのパターン認識の積み重ねが、
有機的につながっていくことによって、
物事を多角的に見つめる能力が養われるのかも
しれません。

+++
今日のまとめ

・パターン認識する能力を
身につけると、物事を俯瞰して
見ることができるようになる。

・そして、ある物事に対して
パターン認識をする上では、
とにかくそれを繰り返すことが大切。

・だからこそ、好きなことを見つけることが、
パターン認識の能力を身につける
上で重要と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別