実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

一つ一つにエネルギーを注ぎ込む

■何か外部に発信することを考えた場合、
中途半端な完成度で発信するということは
良いことにはつながらない場合が多いと思われます。

とりわけ、1度何かを出した時にそれが記録として
残ってしまう場合、長い目で見た時に中途半端なものを
作るということは損失に繋がってくるとも
言えるかもしれません。

■新しく何かサービスを受けようとするお客様は、
今表に出ているものを見た上でどうするか判断を
していきますので、中途半端なものを表に出すということは、
入り口段階で自分から壁を作ってしまっている
ということを意味するのです。

そもそも考えていくと、
中途半端な物を作るということは、
楽をして稼ぎたいという気持ちの表れ
以外の何者でもありません。

■そういったことをして、長期的に良い結果がある
ということはありませんので、それはあたかも
自分の足をタコが食べているようなもの
ということができるかもしれません。

一つひとつの物事に対して、最高のクオリティーのものを
提供し続ける、これを意識して実践し続ける事こそ、
結果として自分をどんどん楽にしていくと
言えるのではないでしょうか。

もちろん自分を楽にするためにやると言うのではなく、
相手のためを思ってやるということが一番重要である
ということは忘れないようにしましょう。

+++
今日のまとめ

・発信する全ての情報に関し、
その場で出せる最高の品質を
作ることが重要。

・それが結果として、自分を助けることに
つながっていく。

・中途半端なものを出すぐらいであれば、
出さない方がましと言えるのではないか。



バックナンバー

カテゴリー別