実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

自動車を改良するように、自分を変えていく

■生まれた時に、自分の車の型というのが
ある程度決まっているとしましょう。

例えば、スポーツカーやワンボックス、
小さいファミリー向けの車であったり、
燃費がいい車、といったイメージです。

人に例えると、論理的な考え方をする人、
運動神経が良い人、他人に共感する能力が高い人、
といったイメージで捉えていただければと思います。

■この時、車の大まかな形と言うのは
後から変えることはできません。

ただ、その車に搭載するものというのは、
少しずつ変えていくことによって全く違うものに
変化させることができると思われるのです。

例えば、元々はスポーツカーだったのですが、
燃費を良くしたいという場合、
いきなり全てのパーツを変えることは難しいかもしれませんが、
エンジンを変えるという点に絞って考えれば
無理な話ではないですよね。

つまり、他の車種を見て、その車になろうと
思ってもなれないのですが、少しずつ取り入れていくことによって、
理想とする車にどんどん近づけていくことができるのです。

■ここでのポイントは、一気に変えようと思うのではなくて、
少しずつ変えていくというマインドを持って着実に
改善を重ねていくということではないかと考えています。

また、元々生まれ持った車の大きさなどによって、
どうしても得意不得意という点は出てきてしまうでしょう。

ワンボックスカーのような大きい車がスポーツカーのような
シュッとした形の車にスピードで勝負しようと思っても
なかなか難しいというのが現実です。

捉え方としては、弱みと考えるのではなく、
そこが強みであると考えた上で次にどうすればいいかと
いう点を考えていくのです。

メンテナンスをしないで、自分の車を錆びさせてしまうのではなく、
少しずつ改善交換を繰り返していくことによって
どんどん自分の理想の車に仕上げていく、
そんなイメージを持ちながら、自分を作りかえていく
ということが大切といえるかもしれません。

+++
今日のまとめ

・一気に何かを変えていこうとしても、
変えることは難しい。

・その一方で、少しずつであれば
変えていくことは難しいことではない。

・だからこそ、一気に変えようと
するのではなく、少しずつ変えていく
という意識を持ち、日々着実に
行動を重ねていくことが重要と
言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別