実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

システムを入れるのは後である

■仕事の効率を高めるという意味において、
システムを入れていくというのは基本的には
劣後する考え方と思った方が良いと考えています。

システムを作るに先立って優先しなければいけないことは、
そのシステムを入れる理由をはっきりとさせるということです。

■例えば、最近コンビニなどではレジを無人化する
動きが出てきています。

こういった行動をするというのは一つのシステム化
であると考えることができるでしょう。

確かに、このシステムを入れることによって、
人件費を抑えることができる可能性を高めることが
できます。

そういった意味では、自動化をするということは
一見合理的で正しい判断と言えるかもしれません。

■ただ、ここで重要なことは、その設備を導入することによって、
人件費を削減できるということではなく、
そもそもなぜそのシステムを導入するのかという必要性について
しっかりと整理するということではないかと思うのです。

このレジの例でいくと、コストを削減するのは本当の理由ではなく、
コストを削減することによって、顧客の満足度を高めることができる。
というのが一つの答えになると個人的には考えています。

つまり、どれだけコストを下げられたとしても、
それによって顧客満足度が下がってしまうのであれば、
意味がないということです。

■言い換えると、ただコストを削減するために
そのシステムを導入したとしても、
それが深い理由に根差していなければ、
長い継続を保つことは難しいということなのです。

日々の生活においても色々なハックと呼ばれている
効率化の手法があると思います。

一つ一つの効率化を進めることによって、
確かに仕事のスピードを上げることはできるでしょう。

ただし、なぜそれをやるのかと言う点に関して考えていくと、
効率化できるからと言う理由というのは、
人のモチベーションや継続性を高めるという
意味においてはあまり重要ではないのです。

■これを逆の視点で考えていくと、
より重要な理由を見つけることができたのであれば、
おのずとシステムを導入しなければいけない
という状況になっていくのです。

例えば、1年後にある大きな売上を上げる
という目標を立てたとしましょう。

その目標を達するためには、今までの仕事の
やり方ではうまくいかないということがはっきりとわかっています。

そうすると、自ずと新しいシステムをどんどん入れていき、
業務の進め方などを変えていかなければいけません。

そのような背景に基づいた行動は、
その軸がしっかりしているので、
ぶれないのです。

だからこそ、手前の効率化というものに意識を向けるのではなく、
なぜ必要なのかという点についてまずしっかりと自分が
納得できるところまで考える、これを意識していくことが
重要といえるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・システムを入れる時は、
その目的をしっかりと考えることが大切。

・間違っても、目先の利益に基づいて
短期的な視点で動いてはいけない。

・まずは目的をしっかりと据え、
それに基づいたシステムを作る
ことが大切と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別