実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

自分のふり見て、自分のふり直せ

■自分が、他人に対してどういった振る舞いをしているのか
という点については、自分で自分の姿を見なければ
本当によくわからないものです。

最近、プロモーションビデオを作成しており、
自分の話している姿を撮る機会があったのですが、
その時、あまりにも感情が入っていない
自分の姿を見て愕然としました。

自分がイメージしていた自分の姿と、
客観的に見た自分の姿がこんなにも違うのかと、
少し気が滅入ってしまいました。。

ただ、よく考えてみれば、これは当たり前のことかもしれません。

なぜなら、自分というものは自分であり、
今、何かしらの振る舞いをしている自分というのは、
自らが、「自然な自分である」と考えているからです。

つまり、どれだけ感情が入っていなかったとしても、
その感情が入っていない自分が、
今の当たり前の姿ですので、何も変化を起こそうという
気持ちが起こってこないのです。

■そして、残念なことに、これは誰か相手と話をしたからといって
変わるようなものでもないと考えています。

なぜなら、相手と話すことによって自分を相対的に
見ることはできますが、絶対的に自分がどういった振る舞いを
しているのかという点についてはわからないからです。

そう考えると、やるべきこととしては、
自分の姿をしっかりと見つめ、どういった姿が良いのかという
理想に向けて日々努力をし、改善し続けていくという事しかありません。

これは恥ずかしいことでもあり、なかなか正面から向き合いたくない
事実でもありますが、改善をするのに遅いということはありませんので、
是非1度、携帯などを使って自分の姿を客観的に見てみる
ということが良いと言えるかもしれません。

+++
今日のまとめ

・自分が相手に対してどう振る舞っているかは、
自分の姿を見ない限り分からない。

・つまり、自分の姿を見て始めて
改善する気持ちが生まれてくる。

・だからこそ、理想の自分に近づけるべく、
自分を客観的に映す機会を意識的に作る
ことが重要と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別