実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

仕事の進め方のパラダイムを変える

■今やっている仕事に対してどうすれば
スピード感をもって早く終わらせることが
できるかを考えることが重要だと考えています。

この時、やるべき事しては、ちょっとした
業務のスピードの改善ではなくて、
劇的な業務スピードの改善を図ることが
できるように意識するということ。

ただ、意識すると言っても意識しただけで
すぐに思い浮かぶものではありません。

一言で言うと、考え続けるということが
非常に大切になってきます。

■これは今までの実体験から得た感覚ですので、
なかなか言葉に落とし込むのが難しいのですが、
ずっと考え続けていると突然新しいアイデアが
浮かんでくるということがあります。

自分の頭の中に入っている
バラバラとした情報を参照しながら
どこかのタイミングでそのバラバラな情報が
繋ぎ合わされる瞬間が来るということが
一つの理由ではないかと考えています。

ここでのポイントは、とにかく続けるということ。

途中でやめてしまっては、そこまで費やした
時間が完全に無駄になってしまいます。

よく考えてみれば、何事に取り組むにしても、
まずは基本的なことを継続することによって、
次の世界が突然開けてくるということがあります。

■例えば、弓道について考えてみましょう、
私も弓道についてやったことがないので、
あんまり細かいことは言えないのですが、
おそらく何100回、何1000回と型を
繰り返すことによってそこから自分の体の特徴であったり、
そこから弓をどう弾けばいいのかといった、
違うステージのことを考えることが
突然できるようになると言えるのではないかと考えています。

■何か新しい業務改善をする時も、これと同じです。
業務改善をすると決めたら、そこの高いレベルに向かって、
まずは考え続けて自分の中での形をしっかり固めるということ。
そうすることによって、突然次のステージに
行くということがあり得るのです。

そういった癖がついてくると、
どんどん新しいことが浮かんでくるスピード感が
増していくということが言えます。

そういった世界に近づいていくために、
毎日の習慣を積み重ねていくということを意識して
実行していくことが大切と言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・改善をするためには、大きな改善をすることを
意識することが大切。

・ただ、そのためには基礎があることが
絶対条件。

・つまり、基礎を意識して繰り返しながら、
先の目標を強く意識し続けることが
重要と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別