実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

広げてからまとめる

■何かコンテンツを作成する必要がある場合、
いきなり作り始めたら、あまり整理された結果に
ならないことが多いです。

それは、一言で言うと、ボトムアップのような
コンテンツということができるかもしれません。

ボトムアップで作成をしていくと、
途中で脱線したり違う方向に行ってしまう
といったことが起こってきます。
そうなると、脱線した方向から元に戻すことが
できない場合、そのコンテンツ自体が
違う方向にいってしまうのです。

これを防ぐためには、ボトムアップではなくて、
トップダウンとしてコンテンツを作成していく
ということが重要かと思います。

■つまり、初めにそのコンテンツの全体像というものを
はっきりと見た上でどこにどのパーツを埋めていけば
いいのかということを踏まえた上で
コンテンツを作成していくというものです。

ただし、トップダウンでコンテンツを作成するには
時間と労力が掛かるという欠点があります。

ボトムアップであれば、学んだことを
そのまま積み上げていくことができますが、
トップダウンの場合、1度全ての内容について
頭に入れる必要があるということから時間がかかってしまうのです。

■ですので、この時にとった方が良い方法としては、
まずはボトムアップでコンテンツを作成しながら、
常にトップダウンの意識も持つということ
ではないかと考えています。

つまり、理想としてはトップダウンの形で
コンテンツを作成していくということが重要なのですが、
その場合どうしても心が折れてしまうという
場合もありますので、それに対処するために、
ボトムアップという考え方を入れていくというものです。

結論としては、何かコンテンツを作る場合は
とにかくインプットの情報をたくさん
増やしていかなければいけないということです。

毎日コツコツとコンテンツを集めつつ、
それをトップダウンの姿勢で整理していく。
そんな進め方をすることが重要と
言えるかもしれません。

+++
今日のまとめ

・情報を整理、発信するには、
トップダウンとボトムアップの
両方の姿勢を持つことが重要と
言えるのではないだろうか。

・ボトムアップでは目的が見えずらく、
一方でトップダウンの場合は全体の
整理をすることが難しい。

・だからこそ、二つの視点を合わせることで、
効率的で網羅的なコンテンツを作ることが
できるようになると言えるだろう。



バックナンバー

カテゴリー別