実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

単価を上げていく

何かサービスを提供していく時は
常に単価を上げていくことを意識しなければいけません。

これは決して、自社が儲けるためではありません。

その理由というのは、自分にプレッシャーを
かけるためでもあり、しっかりと高い価値を提供する
というコミットをするためでもあります。

無料でやってもいいという理由付けをすることは、
ある意味自分に対して逃げを作っているということです。

無料でやっているんだから、
これぐらいのクオリティーでいいだろうという
無意識の感情が芽生えてしまい、それが結果として
質の低下に繋がっていくのです。

その一方で、単価を上げていけば、
自分自身に対して強烈なプレッシャーが
かかっていくことでしょう。

この時、単価を上げてお客様が満足をしなかった場合、
その時は気持ちよくお金を返してあげればいいと思うのです。

自分で思う価値と言うのと、お客様が求めている
価値というのが完全に合致するということはありませんですので、

ギャップがある程度生じてしまうということは
致し方ないことかもしれませんが、それでも本当に重要なことは
単価を上げ、高い価値を提供するという意識を持ち、
その意識に向けて改善をし続けると言うことではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・何かの価値を提供する場合、
常にその単価を上げる努力をするべきである。

・そうすることで、自分に
強烈なプレッシャーがかかり、
それが提供する価値の向上にも
つながっていくのではないだろうか。

何かサービスを提供していく時は
常に単価を上げていくことを意識しなければいけません。

これは決して、自社が儲けるためではありません。

その理由というのは、自分にプレッシャーを
かけるためでもあり、しっかりと高い価値を提供する
というコミットをするためでもあります。

無料でやってもいいという理由付けをすることは、
ある意味自分に対して逃げを作っているということです。

無料でやっているんだから、
これぐらいのクオリティーでいいだろうという
無意識の感情が芽生えてしまい、それが結果として
質の低下に繋がっていくのです。

その一方で、単価を上げていけば、
自分自身に対して強烈なプレッシャーが
かかっていくことでしょう。

この時、単価を上げてお客様が満足をしなかった場合、
その時は気持ちよくお金を返してあげればいいと思うのです。

自分で思う価値と言うのと、お客様が求めている
価値というのが完全に合致するということはありませんですので、

ギャップがある程度生じてしまうということは
致し方ないことかもしれませんが、それでも本当に重要なことは
単価を上げ、高い価値を提供するという意識を持ち、
その意識に向けて改善をし続けると言うことではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・何かの価値を提供する場合、
常にその単価を上げる努力をするべきである。

・そうすることで、自分に
強烈なプレッシャーがかかり、
それが提供する価値の向上にも
つながっていくのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別