実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

何は無くともまずはインプット

■何かしらのアウトプットをするためには、
当たり前ですが、インプットをしなければいけません。

もちろん、インプットがない中でも何らかの
アウトプットはできるかもしれませんが、
それはいずれにせよ今までインプットしてきた内容を
ベースにしているということは明らかです。

そして、アウトプットを続けていくと、
自ずと自分のインプットの総量というものが
わかってくるものなのです。

■だからこそ、基本的には常にインプットを
し続けるということが重要。

ただ、それはアウトプットが伴っていなければ
いけないということは言うまでもありません

ですので、初めにやる有効なインプットとしては、
アウトプットすることを前提としたインプットをする
ということが挙げられます。

もしくは、何かをアウトプットしようとした時に
必要なインプットを知るという方法もあります。

これは両輪の関係にありますので、
常にバランスを取りながら基本的にははまず
インプットを増やしていくと言うことを
心掛けることが重要といえるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・インプットとアウトプットは
両輪の関係。

・そして、アウトプットをするためには
インプットをすることが必要。

・だからこそ、インプットを意識して増やし、
更にその際にアウトプットを意識することが
大切と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別