実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

悩みのスピードを高速化していく

■何か大きな決断をする時というのは、
やはり迷ってしまうことかと思います。

とりわけ大きな金額が動く場合や、
自分の状況が変わる場合などにおいては、
長い期間を考えることが必要とされる場合もあるでしょう。

この悩む時間を取るということは
必要なことだと思います。

なぜなら、悩まず行動して失敗してしまった場合、
何も振り返ることができず、
後の知見に繋がっていかないからです。

■その一方で、検討に時間をかけすぎてしまう
ということも問題です。
検討に時間をかけすぎてしまった結果、
他の人にそのチャンスを奪われてしまったり、
時間を失ってしまうと言った結果に
なってしまうこともあるかもしれません。

だからこそ、私たちは何か意思決定をする際、
とにかく高速に悩み続けるということが
大事なのではないかと思うのです。

■そして、私が個人的に経験してきた一つの結論としては、
高速で悩み続けるほどの悩みであるのであれば、
それは前に進んだ方がいいと言うものです。

例えば、突然誰かからメールが来て、
セミナーの案内が来たとしましょう。
そのセミナーに参加するかどうかというのは、
その場で判断をすることになるかと思います。

おそらく何日もかかって、
うじうじと考えることはないでしょう。

そういった場合においては、
そのセミナーには行かない方が良いと言えるでしょう。

なぜなら、一瞬だけ上がったやる気に伴った行動というのは
後で検証することが難しい場合もあるからです。

■その一方で、なんとなく毎日悩んでしまっている
という場合においてはなるべく早いタイミングで
決断をした方が良いと言えるでしょう。

この時のポイントとしては、
そういった決断をするにしても、
自分の中である程度の納得感が醸成されなければ
意思決定に結びつくことは少ないというもの。

言い換えると、これだけ考えたのだから、
もう前に進んだ方がいいだろうというある種の
諦めのようなイメージになっていくことが
大切だと個人的に考えています。

そして、その状況に1日でも早く自分を追い込んでいく
ような習慣を身につけることが大切です。
そうすることによって、結果的にひとつひとつの
決断のスピードは高まっていき、
かつ、後から振り返ることもできる決断に
つながっていくと言う意味で非常に有益と
言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・何か行動をするときは、
考えすぎても、考えなさ過ぎてもダメである。

・イメージは、走りながら考える
ということ。

・結果として、長期間悩み続けている
ようなことであれば、あるタイミングで
前に進む決断をすることが大切と
言えるだろう。



バックナンバー

カテゴリー別