実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

相手が飽きない会話とは

■相手が飽きないような会話をするためには、
どうすればいいか考えることは重要かと思います。

つまらない話を延々と聞かされるということほど、
退屈なものはありません。

人は皆、自分の時間を奪われるということに対して
非常に強い怒りを覚えますので、
そういった意味においては相手を退屈させて
しまうということは、相手の時間を
奪っているということとも言えるでしょう。

では、相手が飽きないような会話というのは
どういった会話のことを言うのでしょうか。

少し考えていこうと思います。

■まずは相手が何を求めているのかということが
前提として挙げられるかと思います。

そういった意味では、こちらから一方的な
アドバイスをするということなどは
論外と言えるでしょう。

そして、相手が興味を持っていることに対して、
その話を中心に広げていくということは
一つの方法として挙げられると思います。

ただ、そんな中でも基本的には笑いの感情を
含ませていくということが重要に
なるのではないかと思います。

では、なぜ、笑いというものが、
会話の中で重要になってくるのでしょうか。

端的に言うと、笑うということ、イコール楽しい
ということであり、人生は楽しむということが
一つの目的であると考えると、
楽しませてくれるということによって
満足することができるという点が挙げられるかと思います。

そういった意味においては、相手をいかにして
笑わせていくのかという点についても
技術を高めていく必要があると言えるでしょう。

■ただ、もちろんビジネスをする上では
価値を相手に提供するということが
大前提であるということは忘れてはいけません。

それでも価値の提供、即ち知識やノウハウの
拡充だけを意識してしまうと、どうしても無機的な
イメージを持ってしまい、その人に接しづらく
なってしまうということも挙げられるでしょう。

だからこそ、ビジネスパーソンというのは、
知識と、笑の二つの要素を上手に取り入れていくことが
必要と言えるのではないでしょうか。

■そして、ひとつひとつのパターンや事象などを
メモをして記録して取り込んでいくということの
繰り返しでしか、この技術は
高まらないのではないかと考えています。

これもコツコツとレベルを
上げていくしかないと言えるかもしれません。

+++
今日のまとめ

・相手が飽きない会話の
要素というのは、
相手が興味があること。
もしくは、楽しいこと。

・この時、笑いの要素は
どんな場合においても
使うことができる。

・だからこそ、人間関係を
円滑にするために、
笑いのスキルを意図的に
上げていくことが大切と
言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別