実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

意識せずに関係が良くなることはない

■人との関係性というのは、
何もしなくて改善されていく
ということはあり得ません。

これは簡単にイメージできる
のではないかと思います。

小学校や中学校時代、毎日のように
一緒に遊んでいた友人であったとしても、
10年間も連絡を取り合うことがなければ、
ほとんど他人のようになってしまうでしょう。

■人は時間が経つにつれて色々なことを
基本的には忘れていってしまうものですので、
友人との関係性も時間が
経つにつれて薄れていってしまうものなのです。

そして、時間が経つと、または年齢を重ねてくると
色々な人との関係性が
薄れていってしまうということも事実。

これは言い換えると、学校のように強制的に
集まる場所がないからということも
できるかもしれません。

学校や職場で関係性が生まれるのは、
強制的に何回も会う機会があるからです。

■そう考えていくと、人との関係性と言うのは
意外に強い部分と弱い部分があるということが
言えるのかもしれません。

だからこそ、私たちは、学校などのように強制的に集まる場が
ない状況においては、そういった環境を
強制的に作っていく必要があると言えるのではないでしょうか。

少なくとも、長い期間一緒にいる人と生まれた
関係性というのは、人生を間違いなく
豊かにしてくれるものだと思います。

ただ、歳をとっていってしまうと、
そういった人との関係性が薄れていってしまうというのは、
社会の構造上仕方ないと言えることでしょう。

だからこそ、人が集まる場に私達は
入っていく必要があるのです。

■この時、大切になってくるのが、自分なりに
人との関係性を維持するルールを作っておくということ。

強制的に外に出なければいけない状況でない限り、
意識的に関係を紡いでいかなければ、
たちまちその関係は薄れていってしまうことでしょう。

■また、学生の時のような友情というよりは、
大人になってくるとどうしても、ビジネスの観点での
付き合いというものも入ってきてしまいます。

それはある程度入れた仕方がないことだと思いますので、
少なくともビジネスの観点も頭の中にイメージをした上で、
相手との関係性を維持するための仕組みを
作っていくと言うのが大切と言えるでしょう。

単純に考えると、何かしらお互いの関係が
あることによってプラスの方向に
向いていくことが大事と言うものです。

そういった関係性をしっかりと維持発展させて
いけるような形を整えていきましょう。

+++
今日のまとめ

・人の関係性というのは、
強い部分と弱い部分がある。

・ただ、少なくとも意識的に
関係を維持しようとしない限り、
関係が深まることはない。

・また、大人になれば友情だけで
成立する関係はすくない。

・だからこそ、相手のためを
思った行動が必要になってくると
言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別