実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

理屈で考え、感情で話す

■自分自身を納得させる場合と、
相手の気持ちに振れ幅を与えることは
違うプロセスと考えた方が良いでしょう。

自分自身を納得させる場合は、
とにかく色々な角度から言葉を浴びせ続け、
自分自身の思考が変わっていくまで、
徐々に徐々に進めていくというイメージです。

■その一方で、誰かに何かを伝える場合というのは、
理屈っぽいことを話しても
効果はほとんどないと言えるでしょう。

自分自身であっても、
何回もしつこく言い聞かせなければ
変わっていかないにも関わらず、

そんな耳が痛くなることを
他人から言われ続けたら
拒絶されてしまうに決まっています。

■そう考えるのであれば、
基本的には相手に対して余計なアドバイスは
言わないということが良いと言えるでしょう。

すなわち、基本的には理屈的な話をするのではなく、
お互いに楽しさを共有するという意味で
感情を伝えるということが大切と言えます。

■ここでのポイントというのは、
自分自身は理屈を重ねて説得していくのですが、
そこは一旦完全に忘れた上で相手と
会話をするというのが大切ということ。

この切り替えができない場合、
自分自身が頭に抱えている理屈を
そのまま相手にぶつけてしまいますので、
良い結果が起こるはずがないのです。

少し抽象化して整理をしていくと、
結局のところバランスをとることが
大切と言えるのかもしれません。

■どういうことかと言うと、
理論と感情の二つをうまく意図的に
切り替えて使い分けていくということです。

自分と話すときは出来るだけ理詰めをして
整理をしていく。

その一方で、相手と話す時は、
感情の交換をしっかりと行う。

この使い分けをすることが
重要ということです。

だからこそ、今自分がどういった目的で
何をどう伝えれば良いのかという点について、
常に意識をするということが大切と言えるでしょう。

+++
今日のまとめ

・自己対話をする時間と、
相手と話す時間は全くの別物。

・少なくとも、相手に対して
理屈っぽい話をしてはいけない。

・相手と話をすることは
感情の交換であることを意識
することが大切。

・全ての会話において、
自分が今何を意識するべきか
考えることが大切と言えるのでは
ないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別