実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

何かをやるとき、不確実性を楽しむ

■何をするにしても、
必ず成功することなどありえません。

どんなに上手にできることであったとしても、
100%成功することはありませんし、
非常に難しいことであったとしても、
成功することができるかもしれません。

むしろ、必ず成功するとわかっていることだけを
やると言っても、あまり楽しくないと
思うのではないでしょうか。

■今までの人生を振り返ってみても、
面白いことというのは不確実性が
存在していることと同義と言えるかもしれません。

スポーツを見ても勝敗が決まっている試合を見ても、
あまり面白くないかと思います。

常に接戦の末に勝つからこそ、喜びが倍増していくのです。

■とするならば、私たちは常にそういった
不確実性な世界に積極的に飛び込んで行った方が
いいと言えるのではないでしょうか。

なぜなら、その結果として
大きな喜びを得ることができるように
なるかもしれないからです。

ただし、不確実性の世界に飛び込む上では
一定確率で負ける確率があるということも事実。

そんな時に気持ちを非常に落ち込ませていると、
だんだんと挑戦をする気持ちが薄れていってしまうでしょう。

■であるとするならば、
私たちがまず初めにすべきことというのは、
負けてしまった時にどういった対処をすれば良いのか
という点について考えておくことではないでしょうか。

事前に気持ちの整理ができていないまま
負の方向に入っていってしまうと、
それだけで一気に気持ちが下がってしまう
ということにもなりかねません。

■この時、
一つのポイントとして挙げられるのが
事前に負ける可能性もあるということを
頭の片隅に置いておくということ。

初めから負ける気であるということは論外ですが、
どれだけ頑張ったとしても、運の要素などによって
負けてしまう確率はあるということを頭に置いておくのです。

言い替えると、
事前に言い訳を作っておくということが言えるでしょう。

そうすることによって万が一負けてしまった時でも、
自分の中で納得感のある言い訳をすることができますので、
次に向かって前に進んでいくことが
できるようになるのではないでしょうか。

■そして、最終的に目指すべきところとしては、
常に負けたとしても全く気にならない
状態を作り上げるということ。

最後は慣れの問題にもなってくるのですが、
場数をこなすことによって段々と挑戦する
習慣をつけることができるようになっていくでしょう。

その結果として知見やノウハウがどんどんと溜まっていき、
どんどんプラスのスパイラルに
向かっていくことができるはずです。

+++
今日のまとめ

・生きている上では、
不確実性を避けることはできない。

・むしろ、不確実性があるから
楽しいと言えるのではないだろうか。

・ただ、不確実性に向かう上では
ヘコんでしてまうことが
多くなるかもしれないのも事実。

・そんな時は、
事前に自分の気持ちを
コントロールすることができるように
するのが良いと言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別