実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

目線を揃える

■相手と話をする際には、
相手と目線を揃えるということが
非常に大切です。

ここで言う目線を揃えるというのは、
相手の立場に立って話をするということ。

これはどれだけ意識しても
問題がないテーマになると考えています。

■誰かと会話をする際、一番簡単なことは、
自分の頭の中に入っている情報を自分が知っている
まま相手に対して伝えるということ。

何も工夫をすることなく、
右から左に流していくというイメージと
言えるかもしれません

■残念ながら、そのような会話をしていては、
他人と理解のレベルを合わせていくと言うことは
極めて難しいといえるでしょう。

これは逆の立場で考えてみると
非常にわかりやすいのではないかとは思います。

何か新しい分野について学び始めた時、
何らかのセミナーや勉強会に出席するという方法を
取る方もいるかと思います

そういった時、相手が自分の知らない専門用語を連発してきて、
かつ全く内容が整理されておらず、
順番に知識を積み上げていくような話をしていなければ、
たちまちその分野や教えている人に対する
興味というのは薄れてしまうでしょう

■自分と同じ知識や背景を持っていると言う人は、
誰1人として居ません。

そして、自分に対して何らかの相談や意見を
求めてくる人とゆうのは何か期待しているものがあって
話をしてきている、即ち自分の中で足りないものがあり、
それを満たしてくれる可能性があると考えているのです

■そんな時に自分と同じ立場に立ってくれず、
上から話をしてくる人がいた場合、
もう二度とその人に相談をしようとは
思わなくなってしまうでしょう。

この時、何かを伝える立場からすると、
相手の目線に下がっていくということ自体が
負荷がかかることですので、楽をしたいと思っている人は
自分の立場から話をしようとしてしまいます。

その結果、どんどん周囲の人が離れていってしまうと
言うことになってしまうでしょう。

どれだけ難しい知識やレベルが高い能力を
手に入れたとしても、
それが他人のために使われていないのであれば、
何も意味がありません

学んできたものというのは、
周囲に還元してこそ初めて価値を持ってくるのです。

■この時、
どうやって還元していくかという方法を考えることによって、
還元による価値というものが大きく変わっていくと言えるでしょう。

即ち、これは、常に自分自身を高い抽象的な概念で
理解を深めていく一方で、それを非常に簡単な言葉に
噛み砕いていくと言う能力の二つが求められているということなのです。

それに加えて、相手が今どれぐらいの理解のレベルにいるのか
ということを理解する力や、相手の今の現状と
目的に到達するまでにどういったステップを
踏んでいかなければいけないのかという点ついても
理解をしていることが大切になってくるかと思います。

■そういったことを意識しながら日々自ら学び続け、
知識を増やし続けていくことによって周囲との関係性が
どんどん良くなっていくと言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ
・何かを学んだとしても、
それを還元しない限り、なにも意味を持たない。

・この時、自分の状況と相手の状況は
全く違うことを意識することが大切。

・状況が違うのだから、
徹底的に相手の立場に立って
伝えることを意識し続けなければ、
相手に伝わるということはないのでは
ないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別