実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

全ては自分の思いが邪魔をしている

■改めてふと気づいたのですが
結局のところ、自分が全ての原因を
作っているということに気が付きました。

少し抽象的な表現をすると、
外部の全ての事象というのは自分という
フィルターを通って自分の中に入ってくる。

そして、外部に出ていくものというのは、
全て自分のフィルターを通って出ていく。
ということです

■そして、このフィルターの使い方次第で、
世の中の捉え方や人との関係性というものが
劇的に変わってくることに気が付きました。

人との関係性を悪化させる上で
やってしまいがちなのが、

自分のプライドなどをベースに色々な
判断をしてしまうということ。

■それは、
自分の弱みを見せたくないという気持ちであったり、
見栄を張りたいと言った気持ちなどが
分かりやすい例として挙げられるかもしれません。

確かに、そういった感情を持つことによって
自分の自尊心は維持できるかもしれませんが、
他人との関係性が良くなるという可能性は低いです。

さらに、
そういった見栄を張った行動をする結果、
相手との関係性はますます悪化していき、
さらにその悪化した関係性を認めたくがないために、
さらに見栄を張った行動をしてしまうという
流れになってしまうのです。

■それは、
1度自分の足元に作った穴に入り、
その穴から出てこず、どんどんその穴の中に
入り込んでしまうというイメージでしょうか。

そうではなく、
余計なプライドなどを持たずに相手という観点から
自分を動かしていくというイメージを持っていくと、
人生が劇的に変わると思います。

恥ずかしいとかダサいとかそういったものは
何も関係がないというイメージでしょうか。

■ただ、
こういった感情を全て捨て去ることは難しいですね、

そうった場合、自分の中の信念のようなものができてくると、
いつの間にか他人の考えを中心とした行動が
できるようになるのではないかと考えています。

言い変えると、自分のプライドを気にしない
状態が当たり前。と言えるようになった状態。
ということです。

■ですので、今年は自分の
余計な見栄などを全て捨て去り、
相手に対して何ができるかということを考え、
実行し続けると言う事を一つのテーマと掲げ
実践し続けようと考えています

その結果1年間の間にどれだけの変化があるか
今から自分でも非常に楽しみです

もしこの行動に興味がある方は一緒に1年間頑張って
相手の方を中心とした行動というのを繰り返すことを
継続してみてはいかがでしょうか。

+++
今日のまとめ

・他人との関係性を決めているのは、
ひとえに自分の行動である。

・とりわけ、余計なプライドを持つことで
相手との関係性が悪化してしまいがち。

・そうであれば、自分の余計なプライドを
捨て去ってしまうのが一番手っ取り早い。

・そうするためには、
他人に貢献することが当たり前、
という感覚を持てるようになるまで
自分の中で繰り返すということでは
ないだろうか。

・少なくとも、一年間継続できれば、
周囲の状況も劇的に変わると言えるだろう。



バックナンバー

カテゴリー別