実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

柔軟な対人対応を意識する

■日々の生活で一貫性を持つということは、
非常に大切です。

具体的にやることが見えておらず、
毎日ぶらぶらとするよりも、一つの目標に向かって
邁進している方が得られるものが大きいと言うことは
イメージしやすいのではないかと思います。

ただ、人と接すると言う場面においては
ある程度柔軟な対応をすることも
大事になってくると考えています。

つまり、徹底的に一貫性を貫いて、
全ての人と同じような対応をするということは、
必ずしも良い結果を生まないということです。

■そもそも、色々な人に対して
同じように接している人はいません

もう少しドライに言ってしまうと、
あまり気を入れずに接する人もいれば、
気持ちを込めて接する人もいるかと思います。

それぞれの人との関係性は個別に決まってきますので、
その状況に合わせて対応が変わってくるということは
言ってしまえば当たり前のことなのです。

ただ、そんな中でも、
どんな人に対してもしっかりと気を遣って
接することは重要です。

■とりわけ、仲が良くなればなるほど
気を遣うということをしなくなっていきます。

実は人生において大事なことは、
この全く逆であり、自分の身近な人にこそ
気を遣って接していく必要があると
言えるのではないでしょうか。

そう考えていくと、一貫性というのは、
初対面の人に対して気を使ってしまい、
仲が良くなると気を使わなくしてしまう
という悪しき習慣の根元になっている
とも言えるのかもしれません。

■つまり、勝手知ったる人に対しては
意識を高める必要がなく、初対面の人に対しては
相手がどういった人が分からないので
警戒して接すると言う行動をしているということです。

そういった行動をし続けていれば、
身近な人がどんどん離れていってしまう
ということは明らかですよね。

だからこそ、柔軟な対応、
即ち、身近な人にこそ気を遣って接する
ことを意識しなければいけないと
言えるのではないでしょうか。

+++
今日のまとめ

・一貫性を出すことは重要だが、
全ての場合において一貫性を
出すことが良いとは限らない。

・特に人との関係性においては
この点は非常に重要になってくる。

・少なくとも、相手へのリスペクトを
しっかりと持って接することが
常に求められるという意識が
大切だろう。

・そして、私たちは身近な
人にほど冷たくしてしまいがち
であることを意識し、
そういった人にこそ気を入れて
接することが大切と言えるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別