実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

理解する習慣を身につける

■何を学ぶにしても、適当な理解ではなく、
しっかりと本質を理解するということが大切です。

長い目で見ると本質を理解する方が
何かに費やす時間を減らすことができるからです。

■例えば、料理をするとき
煮物を作る時はお酒と醤油とみりんを入れるというのが、
一般的だと思いますが、

なぜこういった調味料を入れるといいのかという点について
考えるか考えないかという点が非常に大きいのです。

その根っこの部分を理解していると、
入れるべき調味料を一時的に忘れてしまったとしても、
こういった味を作るためには
こういった調味料が必要だという
関連付けが頭の中でできていますので、
その関連付けを通じて料理の内容について
思い出すことができるのです。

■実際の仕事においても、
ただ知識だけを頭に入れた場合、
それはすぐに忘れてしまいます。

その一方で、
しっかりとその仕事の意味について理解をしていると、
時間が経ったとしても、
その中身をすぐに思い出すことができます。

こういった習慣というのは、
その人の今までの人生によって形作られていますので、
この習慣(思考プロセスとも言えるかもしれません)
をすぐに変えるということは
簡単なことではないかもしれません。

■そういった場合は、記憶がいい人を真似をするであったり、
理想とするロールモデルみたいなものを見つけて、
その人の真似をすることが有効かもしれません。

■そして、共通点を見つけるためには、
たくさんの具体例を入れることと、
その具体例から抽象化をするということ、
この二点を繰り返し続けるということです。

つまり、理解するということも、
突き詰めると抽象と具体をどれだけ
往復することができるかということに帰結していくのです。

■そう考えると、日々の生活において、
とにかく具体と抽象を繰り返す習慣をつけるということが
大切という意識がどんどん高まっていきます。

具体の広げるためには比喩や例え話をたくさん使う、
抽象という意味ではそれをしっかりと
言葉にするということを心がける、
このようなことを、とにか沢山重ねていく、
この繰り返しが大切と言えるでしょう。

+++
今日のまとめ

・一つ一つの物事に対して
理解する習慣を身につけることが
大切である。

・なぜなら、一つ一つの事象は
抽象的な概念や考え方から
生まれたものだからである。

・つまり、抽象的な世界で
成功法則を見つけることが
できれば、継続して成功を
おさめることができるように
なるのである。

・そういった習慣を身につける
上では、ロールモデルをみつけ、
その人を徹底的に
真似てみるのが良いかもしれない。

・真似は具体的な行動だが、
その行動の集積によって
抽象的な世界を見ることが
できるようになるからである。

・常に理解する習慣を身につけることが、
成功の可能性を高めるという上で
非常に重要と言えるだろう。



バックナンバー

カテゴリー別