実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

人の考えを知り、自分を知る

■相手の気持ちに寄り添う
ことの大切さを改めて実感しています。

人は、基本的に自分の感情を
さらけ出したくなる生き物です。

何か自分の中に溜まっているものを
言葉として吐き出すだけでスッキリした
という経験をどなたも一度はしたことが
あるのではないでしょうか。

■ただ、
他人との関係性を構築する意味においては
常にこういった行動するということが
良い結果を生むとは限りません。

これは考えてみれば当たり前ですよね

どんな仲が良い友人がいたとしても、
その友人が自分が大切にしている
考えに対して否定をするような言葉を投げかけた場合、
気持ちが良いと感じるのではありません。

そう考えると、
自分の思いというのを一方的に
ぶつけるということは、

人との関係性を構築するという意味においては
基本的にはマイナスの方向に
働いてしまうと言うことができる
のではないでしょうか。

■その一方で、
自分の考えをぶつけることなく、
ずっと相手の言うことを聞き続けている
とすると、それはそれで
ストレスが溜まってしまうという
ことにもなりかねません。

その際にどうやって対応して
行けばよいのかという点について
考えていきましょう。

■参考になる考え方としてプロのカウンセラー
の言葉をあげてみましょう。

プロのカウンセラーの方というのは、
朝から晩までいろんな方の思いを
常にぶつけられている存在です。

先日読んだ、
「プロカウンセラーの聞く技術」
という中には、
たくさんの含蓄が含まれていました。

大切なポイントをたくさんありますが、
その中でも一番大切なことは、
「相手に対して興味を持つ」
ことではないかと思います。

■相手に対して興味を持つことができれば、
もっといろんなことを聞きたいという
感情が自然に生まれてくるものです

その一方で、
相手に対して興味を持つことができなければ、
逆に自分の感情をぶつけたいという気持ちが
生まれてきやすくなるでしょう。

つまり、
自分の気持ちをぶつけるというよりも、
相手のことを聞きたいという
感情の方を高めるようにすれば良いということです。

もちろん、
これも言葉で言うのは簡単ですが、
実行するのは難しいと言えるかもしれません。

■特に、長い時間一緒にいる相手に対しては、
その人のことを知っていると思って
しまいがちですので、興味を持つということが
難しいかもしれません。

ただ、
「興味がない」と思えば、
どんどんその人に対する興味が
失われてしまうもの。

つまるところ、
興味を持つ意識を持つことが
まずは大切と言えるのではないでしょうか。

■この時に参考になる考え方として、
相手を知ることは
自分を知ること。
という言葉が挙げられるかもしれません。

相手に対して興味を持ち、
相手の考え方を知るということは、
自分の考えを広げることでもあると
考えるのであれば、

相手の話を聞くと言うことは
自分の幅を広げるということも言えるのです。

なぜなら、相手の考えを聞くことによって、
自分の考えとの違いを明確にすることが
できるからです。

人の判断というのは、相対的に
行われることが多いです。

違う見方をすると、
人は自分の考えというのを
意外に理解していないかも
しれないのです。

自分の考えが分からなければ、
相手に対して話した言葉が
どのように伝わっているのかも
分かりません。

そう考えると、
相手の考えを聞くということは
自らを成長させる上でも
非常に大切なことなのです。

自分を深く知るために、
相手を知る。

そんな意識を持つことが
大切と言えるのではないでしょうか?

+++
今日のまとめ

・人は自分に興味を持って
もらいたい生き物である

・だからこそ、相手に対して
興味をもつことが大切。

・ただ、相手の話を聞くだけでは
疲れてします。

・そんな時は、
相手に興味を持つことで、
自分のことが理解できるようになる。
と考えれば良いのではないだろうか。

・相手を知ることは自分を知ること。
その意識を持って人と接することで、
自分を更に深く理解することが
できるようになるのではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別