実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

ある程度の長さがごまかしを消す

■ある一定量以上の文章を綴ると、
どうしてもごまかしきれない部分が
出てきます。

これは、
その文章を読んでいる側からすると
分かりづらいのですが、

普段から長い文章を
書いている方は、
この考えに対して「そうだよな」と
思っていただけるのではないかと思います。

まず、ごまかせる文章とは何か。
という点について考えていきましょう。

■Yahooニュースなどでは、
短いものですと500文字から600文字ぐらいの
文字数のニュースがありますよね。

こういった短い文章の場合、
話の結論を見ると、
ごまかしているかどうかがすぐに分かります。

例えば、
「〇〇についてしっかりと考えなければいけない」
であったり、
「方向性が見えてくることを期待している」
であったり、
「〇〇であることが大切ではないか」
といった言葉です。

■500~600文字の場合、
どうしても事実を書くだけで
文章が終わってしまいます。

そして、事実だけを述べた上で
抽象的な(どんな解釈にもできる)
言葉を加えるというのは、
小学生でもできることなのです。

事実だけを述べて抽象的な
言葉を加えるというのがどういったことなのか、
具体例を使って考えてみましょう。

■例えば、
紅白歌合戦の出演メンバーについて
書かれた記事を目にしたとします。

この時、出演メンバーに
ついての情報を書けば、
簡単に500文字ぐらいはいくでしょう。

これは事実です。

そして、その記事の最後に、
「紅白の本当のあり方について
考えても良いのではないか。」

という言葉で締めくくったとしましょう。

そうすると、何となく言葉がしまった
感じがしますよね。

抽象的な言葉をぶつけると、
受けてはその言葉を自分流に
解釈してくれるからです。

確かに紅白って昔と変わったよなあ。
昔の方が楽しかったよなあ。

といった意見が聞こえてきそうです。

ただ、こういった言葉は何かを
言っているようで何も言っていません。

■そもそも、
何かのメッセージを相手に伝え、
それを理解してもらうためには、

物事をしっかりと順序立てて
伝えていく必要が出てきます。

違う表現をすると、
抽象的な表現に対する解釈を
統一するために、

具体的な例などを用いる必要が
出てくるのです。

■とするならば、
相手に正確に伝えようとするのであれば、
必然的に短い文章で終わる
ということにはなり得ないのです。

だからこそ、
何かを相手に理解して貰う上では、
ある程度長い文章を書くことが
必要になってくるのです。

■逆の見方をすると、
長い文章を書くことで、
おのずと自分の考えを
整理する必要が出てくるのです。

また、もうひとつの観点から
ある程度長い文章をアウトプットすることが
大切だという点について見ていきましょう。

■ある程度長い文章をアウトプット
しようとすると、
どうしても途中でアウトプットできるものが
なくなってしまうという
状況に陥ってしまうことがあります。

正直なところ、私も毎日コラムを書きながら、
次に続ける文章が出てこなくなるということが
たまにあります。
(常に修行ですね。)

■ただ、長い文章のアウトプットをする習慣がなければ、
自分の頭にインプットされているものの
総量を認識することができません。

アウトプットを続けることで、
自分の情報量の少なさに気づける。
ということです。

だからこそ、自分が持っている
情報量を客観的に認識するという
意味においても、
長文のアウトプットをすることは非常に
大切になってくるのです。

■人というのは何かに満足をしてしまうと
新しい情報というのがなかなか
頭に入ってこなくなります。

その一方で、まだ足りないという
ハングリー精神を持っている場合においては、
新しい情報がどんどん頭の中に入ってきます。

■中学校や高校の勉強をしている時、
もう自分は分かってるんだと思って
勉強している人とまだ何も自分は分かっていない、

もっともっと知識を吸収しなければと思って
勉強している人がいた場合、
どちらの方が吸収のレベルが
高いかということは家までもありませんよね。

だからこそ、アウトプットをして
自分のインプットの総量を認識させる
ということによって、

もっともっと新しい情報を
取らなければいけないという
認識を持つことができるのです。

では、具体的にどれぐらいの
文字数をアウトプットしていけば
いいのでしょうか。

少し考えてみましょう。

■個人的には、少なくとも
1,000文字以上のアウトプットをすることが
大切ではないかと考えています。

私も、1年間ぐらいは
おおよそ500文字前後の
コラムを毎日書いていました、

この時支えていた内容というのを
振り返ってみると、
自分の頭の中でなんとなく整理されているものを
簡単にアウトプットをしたもの。
即ち頭の整理をせずとも、
その場で思いついた無機的な知識だけで
アウトプットをすることができていた
ということが思い出されます。

いわゆる、ごまかしで
何とかなってしまう文章。
ということですね。

その結果としてどうなるかというと、
ある程度しっかりしたコラムが書けたと
思って満足をしてしまい、
具体的にどういった部分が足りなかったのか
という反省をする機会が
減っていたように思われます。

■そうではなく、千文字を超えてくると
その場の思いつきで文章をまとめることが
非常に難しくなってきます。

どうしても1度ぐらいは、
具体例を使って話を展開せざるを
得なくなってくるのです。

そうすると、抽象から具体へと話が
ひとつ落ち込んでいくことになりますので、
まず話を体系的に整理するということに
繋がっていきます。

これを繰り返していくことによって、
どんどん自分の中の頭の中の繋がりが
強くなっていくということを実感しています。

そして、この事実というのは、
コラムを書くだけではなくて、
何かのアウトプットをする時、
常に言えることではないかと思います。

例えば何かのプレゼン資料を作る際、
最終的にはコンパクトにまとめるかもしれませんが、
まずはとにかくたくさんの材料を出し、

自分の頭の中の情報を全て出し切った上で
それぞれのデータとか情報のつながりを
意識して繋げていくということを意識しながら
プレゼンを作っている方も多いのではないでしょうか。

その結果としてどうなるのかというと、
プレゼンを作る過程において
自分の頭が整理されていき、
自分の足りない知識や情報も見えてきて、

さらにどんどん自分の理解が深まっていく
ということに繋がっていくのです。

毎日アウトプットをすると言うことも
これに近いのかもしれません。

だからこそ、回数と分量、この二つを
意識して繰り返し続けることによって
劇的な成長を期待することが
できるのではないでしょうか。

+++
まとめ

・学習を効率化させる上では、
アウトプットの総量を増やすことが効果的。

・なぜなら、総量を増やすことで、
論理的な説明をせざるを得なく
なるから。

・論理的な説明をする上では、
抽象的な言葉を具体的な言葉の
双方を使うことが大切。

・さらに、大量のアウトプットを
することで、自分のインプットの
総量を認識することができるようになる。

・そうなることによって、
新しい知識がどんどん入って
くるようになる。

・回数と総量。
この二つを意識したアウトプットを
継続することは、毎日プレゼン資料を
作るようなもの。

・これを毎日継続すれば、
頭の中がどんどん整理されて
いくのは当たり前ではないだろうか。



バックナンバー

カテゴリー別