実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

関係性を意識する

■人から何かを言われた時、
「何を言われた」というよりも
「誰から言われた」ということで

受け入れの度合いが
大きく変わってくる
のではないでしょうか。

■例えば、
初対面の人にいきなり辛辣な指摘を受けた場合、
その指摘は受け入れがたいはずです。

更に具体的な例で考えていきましょう。

見た目を良くしたい。ということで
服のコンサルタントの方に
相談に行く場合を考えてみます。

この時、そのコンサルタントの人から、
「あなたの服は本当にダサいです」といきなり
言われた場合、
例えその指摘が正しいとしても、
その指摘は受け入れがたいですよね。

■人というのは、
どうしても理性的に考えることは難しく、
相手との関係性、即ち信頼関係が
できていない状態において、

相手から何か言われたとしても、
その人の話を受け入れることができないのです。

これは、
何かアドバイスを受ける側からすると
イメージしやすいと思いますが、

この落とし穴は、
アドバイスをする側に
潜んでいます。

■なぜなら、
何かを教える立場になると、
すでに信頼関係ができていると考え、

相手との関係性を勘違いして
しまいがちになるからです。

■さらにその関係性から上下関係が
生まれているということから、
何でも好きなことを言っていいと
思ってしまいがちです。

その結果として、
相手のことを何ら斟酌せずに
コミュニケーションが一方通行に
なってしまう。

ここに大きな落とし穴が
あるのではないでしょうか。

■個人的なイメージですが、
色んな方とのお付き合いの中で
関係が維持できている人というのは
大きく二つに分けられる気がしています。

一つ目は、お互いに励まし合い、
プラスの言葉を掛け合うような関係性。

お互いに気持ちを高め合うことができる
という意味においては、良い関係性を
保つことができるでしょう。

ただ、もちろんなれ合いの関係には
ならないように注意をする必要があります。

これは、昔から付き合いが長い友人
といったものが例として
挙げられるかもしれません。

■そして、もう一つのパターンとしては、
厳しいことを問いかけてくれる一方で、
その人はこちらのことを本当に親身になって
考えてくれている人というパターンが
挙げられるのではないかと思います。

具体的には親身にアドバイスをしてくれる
上司というイメージでしょうか。

■ただ、ゴリゴリと指摘をする
というだけではダメで、
愛情を持って接してくれるということが
条件になってくるという意味においては
非常に難易度が上がり、

こういった関係性を維持できるということは
あまり多くないと言えるかもしれません。

つまり、それぐらい何かを指摘し合うという
関係性の中で良好な関係を維持する
ということは難しいことなのです。

■結論としては、
自分の勝手な感情から、
相手に対してアドバイスをしようとしない
ということが大切と言えるのではないでしょうか。

これを言い換えると、
本当に相手のことを思っているということや、
相手のためということを考えていないにも関わらず、

無理にアドバイスをしてしまう
ということは、

相手との関係性を
悪くしてしまうというデメリット
しかないということです。

とりわけ男性はアドバイスをすることが
好きですので、悪気がなくても
相手が求めていないアドバイスをしてしまい、
関係性が悪くなってしまうかもしれません

■だからこそ、誰かに
アドバイスをするということを考えた場合、
自分が考えているものよりも圧倒的に
相手との信頼関係は築かれていない。
という前提に立つことが大切と言えるでしょう。

■その一方で、
本当に相手が変わろうとしている
気持ちがあるのであれば、
その方に対して積極的にアドバイスを
していくということは
大切なことと言えるでしょう。

結局のところ、
自分がその時の気分で何かスッキリしたい
というような考えで人と
話すということは、やってはいけないということです。

しっかりと相手のことを考え
その方の為になるようなことだけを話すと、

その点においては相手にどれぐらい
厳しいことを言うのかという点も踏まえて
しっかりと頭を整理した上で
発言するということが大切なのではないでしょうか。



バックナンバー

カテゴリー別