実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

目的・目標を持つことから、一つ一つの行動が変わっていく

何だかんだで、

一番大切なことは

明確な目標・目的を

持つことだと思っています。

朝起きてから夜寝るまで、

小さなことも含めれば、

沢山の行動をしていますが、

 

その行動が目的・目標に

紐づいていなければ、

ある意味「惰性」の

行動になってしまうでしょう。

何も考えないで毎日を

過ごしていても、

人生が好転するということは

ありません。

 

朝から晩まで家で寝っ転がり

ながらテレビを見ている人が、

億万長者になるということは

全く想像できないでしょう。

 

更に怖いことは、

毎日を密度高く過ごして

いたとしても、

 

そこに目的がなければ、

大きな成果をあげるのは

難しいということです。

 

例えば、

鬼のような上司がいて、

「毎日飛び込み100件

やってこい!」

 

という命令があったとします。

 

確かに、毎日100件の

飛び込みをすれば、

何かしらの学びはあるかも

しれません。

 

ただ、毎日何も考えないで

100件の飛び込み営業を

した人が、

数年後にすごい営業マンに

なっているかというと、

 

そうではないことは

簡単にイメージできますよね。

また、学生時代の部活動に

おいても、

監督が言っていることをそのまま

実践するだけでは、

大きな成長を得ることは

できないでしょう。

結局のところ、

自分が目標をしっかりと立て、

その目標に対して近づくために

どうすれば良いのか。

 

ということを考え続けることでしか、

人の変化はないと思うのです。

 

この時、

設定する目標というのは、

小さくても大きくても

問題ありません。

 

(大きな目標を立てるのが

理想ですが。)

 

目標を立てることによって、

自分が何をしなければいけないかが

明確になるのです。

 

目的を持って毎日を過ごす。

小さなことかもしれませんが、

長い時間軸で考えていくと、

劇的な変化が起こることでしょう。



バックナンバー

カテゴリー別