実践に裏打ちされた再現性の高いノウハウをお伝えします

高いレベルを維持することに対し、プライドを持つ

世の中に出回っている

商品を見ていると、

 

必ずしも高い商品が

良い商品とは限らない。

 

ということが分かります。

 

どれだけ良い商品を

作っても、

見込み客に伝わらなければ、

その価値はゼロに等しいからです。

違う見方をすると、

悪い商品であっても、

見込み客へのマーケティング

うまくいけば、

 

その商品は売れる。

 

ともいう事ができるでしょう。

 

何かを売る立場で考えると、

楽して高く売れないかな。

という気持ちが出ない人は

いないでしょう。

 

なぜなら、何かを買うときは

できるだけ安く買いたい。

何かを売るときは

なるべく高く売りたい。

 

と思うのは当たり前であり、

その気持ちに抗うことは

簡単なことではないからです。

つねにこの誘惑が頭の中を

駆け巡ることから、

その誘惑に負けてしまった人から、

楽して売るには。

という方向に流れてしまうのでしょう。

その一方で、、どうやれば高く売れるのか。

ということを考える時間を、

 

商品の価値を高めることに

費やしている人の場合、

 

短期的に何かが爆発的に

売れることはないかもしれませんが、

 

その商品はジワジワと売れていくことに

なるでしょう。

 

そもそも、

価値がない商品を売っていれば、

自分自身の感情が毀損して

いってしまうでしょう。

 

それは人生という観点で考えると、

極めてもったいないこと。

 

良い商品を売ってるからこそ、

胸を張って毎日を過ごせる。

というものです。

 

そう考えると、

簡単に売る。という誘惑を切り捨て、

自らがしっかりとプライドを持って

日々の生活にのぞむこと。

 

これが何よりも大切なことと

言えるでしょう。

 

これは個人のプライドの問題とも

言えるかもしれません。

 

良いプライドを高い基準で持ち、

質の高い価値を提供する。

これを日々意識し続けることが、

大切と言えるでしょう。



バックナンバー

カテゴリー別